後期研修医・医局員募集

筑波大学腎泌尿器外科・関連施設情報

国際医療福祉大学病院
指導責任者 内田 克紀
指導医数 4名(日本泌尿器科学会専門医・指導医 2名、同専門医 1名)

日立製作所日立総合病院
指導責任者 堤 雅一
指導医数 3名(内 日本泌尿器科学会認定指導医 3名・専門医 4名)

水戸済生会総合病院
指導責任者 宮永 直人
指導医数 3名(日本泌尿器科学会指導医 2名・専門医 2名)

茨城県立中央病院
指導責任者 島居 徹
指導医数 3名(内、日本泌尿器科学会認定指導医・専門医 3名)

筑波メディカルセンター病院
指導責任者 菊池 孝治
指導医数 2名(日本泌尿器科学会専門医・指導医2名)

筑波学園病院
指導責任者 西嶋 由貴子
指導医数 3名(日本泌尿器科学会専門医・指導医2名)

つくばセントラル病院
指導責任者 佐藤 健
指導医数 2名 (日本泌尿器科学会専門医・指導医4名)

霞ヶ浦医療センター
指導責任者 鈴木 正彦
指導医数 2名(日本泌尿器科学会専門医・指導医2名)

龍ヶ崎済生会病院
指導責任者 武島 仁
指導医数 2名(日本泌尿器科学会認定指導医・専門医 2名)

ひたちなか総合病院
指導責任者 吉井 慎一
指導医数 3名(日本泌尿器科学会認定指導医・専門医 3名)

西南医療センター病院
指導責任者 末富 崇弘
指導医数 3名(日本泌尿器科学会認定指導医・専門医 3名)

メッセージ

■研修担当 

 筑波大学腎泌尿器外科のプログラムは科学的思考と臨床・手術スキルのみならず、リーダーシップを発揮できる泌尿器科専門医の育成を目指しています。またグループ全体として個人の希望に応じたキャリアアップを実現します。
初期研修期間での選択研修では、一般診療に役立つ泌尿器科的手技、一般外科手術手技の習得、化学療法の管理、が同時に経験できます。後期研修の4年間では、大学病院と関連施設をローテーションしながら研修を行い、最初の目標である泌尿器科学会専門医取得を目指します。その後は、各種専門医・指導医の取得、大学院進学、国内外の留学など、生涯にわたり自己研鑽できるようシステムを構築しています。どのステージであってもそれぞれにとって有意義な研修ができるように最大限サポートします。ぜひお気軽に医局説明会、実習、施設見学にお越しください。筑波大学腎泌尿器外科のメッセージに共感してくれるたくさんの先生方と共に働けることを心待ちにしております。(研修担当 木村友和)

■レジデント修了者

今後の研修先を選ぶときに重要となるのが、まずは専門医取得までの研修だと思います。
医師3年目から4年間にどのような研修をしたいですか。

私は最初の2年間は筑波大学附属病院を含めた県内で、後半の2年間は県外で研修しました。そのうえで感じたことは泌尿器の領域は幅広く、単一施設ですべてを研修するのは難しいということです。病院の規模や地域性、病院ごとの独自性などにより、研修病院によって研修できることできないことが存在します。筑波大学腎泌尿器外科は数多くの関連施設をもち、それぞれに特色をもって診療をしているため、複数施設で研修を行うことにより幅広い知識と経験を積むことができます。具体的な話はここには書ききれませんので、少しでも興味をもって下さった方は、是非一度医局説明会に足を運んでください。きっと多くのことを知るきっかけになると思います。(千原尉智蕗)

■レジデント

泌尿器科ときいて、いまいちピンとこない方もいらっしゃると思います。
私も学生時代はその一人でしたが、意外と身の回りに泌尿器科疾患があふれていることに気が付き、興味を持ち始めました。
泌尿器科疾患は尿路結石などの良性疾患から、悪性腫瘍まで幅広い分野にわたっています。また、診断から治療まで当科で完結するのも魅力の一つだと思います。実際、私は小児泌尿器科の分野を専攻したいと考えています。筑波大学腎泌尿器外科では個人の進路をサポートする環境が整っており、国内留学なども柔軟に対応していただけます。ぜひ泌尿器科を選択してみませんか。
(石橋小百合 出身:弘前大学)

 
PAGE TOP